- - -ヤンケンさんがご高齢のため 当サイトは2022年6月末日をもって閉鎖します。
メールアドレス<yanken@yanken-doodle.com>はまったく使用しておられませんのでこれも廃止します。
2003年の開設以来永い間おつきあいいただき誠にありがとうございました。
現在、このページのみご覧いただけます。- - -


ヤンケンさん好々爺 !(2022/4/12)

☆お久しぶり ヤンケンさん☆ (2022/4/12 HP管理人広川)
2度の「骨折〜手術〜リハビリ」から生還したヤンケンさんの安否確認を兼ね道玄坂アトリエへ様子を見に行きました。
以前は部屋中に絵画作品が積み重なり且つ思い出の品々が溢れ足の踏み場がないほどグチャグチャだった部屋でしたが、入院中にどなたかが断捨離(ヤンケンさんは絶対断捨離できない人。狭苦しくても自分の作品に囲まれているのがお気に入りです)してくれたようで物が少なくなってスッキリ整理された部屋になっていました。ビックリ!
毎日看護士さんやヘルパーさんが来て介護してくれたり買い物に付き添ってくれているそうです。
また転ぶと大変なので独りでの外出は禁止されてますが、じっとしていられない性格のヤンケンさん、小生に「昼飯食いに行こう」と誘いますので近所の「SUBWAY」まで往復付き添いました。杖をつきながらゆっくりゆっくり・・・これも歩行訓練なんだなあ。もともと少食の人ですが食欲は入院以前と変わらないようで安心しました。
長い入院生活でしたので元の気力体力に戻るのはちょっと時間がかかるかもしれません。
安否確認の証拠写真を撮ろうと思い、電通映画社CMディレクター時代の若きヤンケンさんの写真を手にしてもらい「笑ってね」ってお願いしてパチリ!
好々爺みたいな今日のヤンケンさんでした。ヤンケンさんお大事に。

▼皆様へのお願い▼。
ヤンケンさんに励ましの電話をしてください。固定電話なら出てくれる確率高いです。最近ヤンケンさんはメールを使っていません。携帯電話もほぼ出ませんので固定電話がいいです。よろしくお願いします。




ヤンケンさんめでたく退院 (2022/3/22 HP管理人広川)
3/22(火)ヤンケンさんから電話もらいました。リハビリから退院して、道玄坂のアトリエに戻ったそうです。まだ足元がおぼつかないのでしばらくはおとなしくしているとのことです。長期入院だったわりには声は元気良くて少し安心しました。近々様子を見に行くつもりです。



ヤンケンさん元気にリハビリ中 (2022/1/29 HP管理人広川)
昨日夕方、ヤンケンさんに奇跡的に電話が通じ、久しぶりに話しができました。
「現在、痛みはほぼ無くなり、毎日リハビリに励んでいる。病棟の患者の中で一番元気に歩いている」とのことですが、まだ退院のメドは立っていないようです。
病院なので電話が出来る場所が限られており、電話する時間もままならず着信があってもなかなか電話に出られなかったようです。電話してくれた方には申し訳ないとのことです。わりと元気な声を聞けたので安心しました。



▼ヤンケンさんまたもや骨折 再入院! (2021/12/25 HP管理人広川)
息子さんの幹さんと話しました。ヤンケンさんは2021夏にリハビリ病院を退院し渋谷のアトリエで静養されていましたが、11月末に近所で転んで骨折。なんとか自力でアトリエまで戻りましたが、翌日訪問介護士さんに連れられ昨年と同じ白金の病院で手術。一昨年大晦日は大腿骨骨折でした。今回も同じ大腿骨ですが前回とは反対側だったそうです。12月下旬に前回と同じ原宿のリハビリ病院に転院したそうです。今週、私(HP管理人広川)が電話しても出ませんでした。心配ですがコロナ禍でお見舞いもままならず・・・。ヤンケンさんの容態が分かりましたらまたご報告します。


▼ヤンケンさん元気  (2021/3/31 HP管理人広川)
3/15、ヤンケンさんと電話で話しました。元気でリハビリに頑張っているそうです。
まだ退院のめどはたっていないようです。息子の幹(かん)さんが出版した絵本を宣伝してくれと言っていました。ひと安心ですね。



▼ヤンケンさん転院 (2021/2/21 HP管理人広川)
ヤンケンさんは先日、白金の病院から原宿のリハビリ専門病院へ転院したそうです。
毎日3〜4時間リハビリを行っているとのことです。



▼ヤンケンさん骨折!(2021/1/25 HP管理人 広川記)
ヤンケンさんは大晦日(2020/12/31)に転んで大骨折、港区白金の病院で手術しました。現在リハビリ中です。
お見舞いしたいのですがコロナ禍で家族も付添い見舞いはできない状況です。
私(広川)は1/8(金)と1/25(月)携帯がつながりヤンケンさんと話ができました。
ヤンケンさん曰く『12月に息子の幹(かん)が出版した絵本の宣伝をしてほしい』とのこと。
自分のことはさておいて息子さんの心配をするなんて、ヤンケンさんらしいですね。
しばらくは入院療養が続くようですが、心配なのは高齢者にありがちな『転倒→入院→ボケ』です。
入院生活は刺激が少ないので『ボケ化』を防ぐために、ヤンケンさんに電話しましょう。
電源を切ってる場合もありますが携帯が繋がる場合もありますので励ましの電話をしましょう。




   
3にんのおんがくか  柳原 幹 著

    

出版社名:MIX Publishing、エムピージェー
著者名:柳原幹
発行年月:2020年12月
1,650円

内容情報
3人の音楽家のお話し。
音楽が大好きな3人はいつでもどこでも音を奏でています。
3人の奏でる音は、人、モノ、生きものたちを幸せにさせる不思議なチカラがありましたが、ある日大きな怒りや負のパワーを前にした3人は、何もわからなくなり、気持ちも大きく揺らぎ、しだいに人・モノ・生きものたちも3人から離れていってしまいました。
何が正しくて、何が正しくないのかわからない3人は、くる日も来る日も音を奏で続けるしかありませんでしたが、真っ白に降り積もったある雪の日、静かに流れる音に、ふと明るい未来が見えて、人、モノ、生きものたちも少しづつ穏やかな気持ちになれた気がしました。
3人からのささやかなクリスマスプレゼントでした。。
お子様に読み聞かせいただきながら、大人の方々にも読んでもらいたい、そんな絵本です。




あなたは通算
170866
 
人目の大切なお客様です。

このサイト内画像の無断転載・複製配布は固くお断りします Copyright (C) 2003 -2022 YANKEN-DOODLE All Rights Reserved