幼年時代 生家前の坂道の路上に落書きしたのが 私の絵を描く原点です
爾来 本業のCMの演出やイベントの企画など大勢の方とのテンションの高まりを
深夜絵を描くことによって静めバランスを取っていたようです
今では 描いたり短文にする事が中心の生活になっており 
描き溜めた絵で開く展覧会は面映ゆいことながら
自分の分身である絵とご覧の方との大切な触れ合いの場です
このささやかな悪戯描きが世界をつなげますように・・・・・・・・・

         ヤン ケン(柳原謙一)

CM企画演出/イベントプランニングプロデュースに携わる
 また新聞 雑誌に コラムマンガ エッセイ イラスト連載
 キャラクター 表紙デザイン挿画など・・・ 
 著書「マンハッタンはニューヨーク」
   「YANKEN DOODLE太平洋上絵日記」       
 個展 '91年築地 '96年六本木 '97年京都 '99年新橋
    '01年新橋 '01年相模原 開催

現在フリー 道玄坂アトリエにて平面アート制作中。
YAN
KEN DOODLE Tel&Fax: 03-3770-0838

               渋谷はBUNKAMURA前シティホテルのレストランRAIZで
                遅いランチを取った後、窓越しの風景を眺めているのが私です。
                そこでのスケッチや文を纏めた ちっちゃな本作成中。 




TVコマーシャルや イベントの仕事を
     たくさんやりました。


●阪急ブレーブス(西本監督、スペンサーの時)のマスコット

 キャラに私が描いた阪急ボーヤが採用されました。すると、

 なんと5回(1967,1968,1969,1971,1972)も優勝!

●巨人軍優勝(長嶋監督90番時代)の時は一軍全員を率いて

 ハワイロケ。監督を監督したCM監督なんてスポーツ紙に

 書かれました。

●コマーシャルの撮影ではいろいろな方と出逢いました。

 ・打合せと撮影がたった10分のアイドル絶頂期の近藤マッチ。

 ・セーヌ、バルビゾンなどフランスパリロケでご一緒した

  ポールモ−リア。自宅であの「オリーブの首飾り」を

  生ピアノで弾いてくれて「後はレコードで聴いてね」と

  サイン入りレコードまで貰いました。

 ・3社のスポンサーでおつき合いした王選手。ワンちゃんは

  いつもの白い車で颯爽と柿ノ木坂のスタジオに到着した

  ものです。


 風のごとく過ぎた日々をいつかまたお話しましょう。








 
プラチナ万年筆CM撮影風景(1977年12月ハワイ・マウイ島)  
 長嶋監督就任3年目('75最下位 '76優勝 '77優勝 )のジャイアンツ セ・リーグ優勝。
 広告主5社が資金を出し合って優勝ご褒美に一軍メンバー(長嶋監督、与那嶺コーチ、黒江コーチ、
 宮田コーチ、王、張本、土井、高田、柴田、堀内、淡口、西元、加藤、小林、新浦、河埜、松本など)が、
 夫人同伴ハワイ旅行に招待されました。 このとき広告主5社のCM撮影がありました。

 ヤンケンさんはプラチナ万年筆CMチームの演出監督。 
 選手全員で「野球は巨人!。万年筆はプラチナ!」 このCM覚えていますか。
  
    



   


出版した画集

'68

『大平洋上絵日記』


1万トンのマルガリーター号に
1000人を乗せて晴海から
ロスアンゼルス、ハワイの船旅は 
潮風とペンキの匂い

デッキに横になりエンジンの

音を枕に 満天の星を眺めた

なつかしい35日間の絵日記。

(大森実国際問題研究所刊)

'82             
『マンハッタンはニューヨーク』


 マイケル ジャクソンのヒット曲
 スリラーが流れるニューヨークは
 地下鉄のらくがきもブロード
 ウエィのポルノXXXも健在?で
 5番街は人が溢れ ストリート
 パフォーマーも元気でした。
  復刻の声あり。 
(東洋経済新報社刊)


DOODLEの絵と展覧会

渋谷やマンハッタンの街や人を描いて来ました。
最近 花や自然にも目が向くようになりました。絵の方はGALLELYでどうぞ・・・

DOODLEの絵の展覧会/展示会素材      

■都会の溜息展 ・ニューヨークミッドナイト 
 マンハッタンの日中の溜息が深く沈殿する街角・・・ 
■人と出逢い展 ・街はトップモーション 渋谷など 
 街を歩く女性の後姿のスケッチと街風景・・・
 MOMAに提出した展覧会の為のボードも出展。
 
展覧会貸し出し イベント展示の素材にご活用ください。



YAN KEN の全てをイベント、展示にご利用ください!

 1982年 ニューヨークはマンハッタン 54丁目の5〜6番街のミッドタウン
ヒルトンと近代美術館の間にあるアパートで ひとり暮しをしました。
  斜め前には 映画評論家の淀川長治さんが常宿にされていた ホテルワーウイックが あり 
ロビーで人に逢う度に ニコニコ手を振って挨拶をされるので有名でした。
 その折にマンハッタンを歩き廻ってスケッチしたものに 文を添えて単行本にもなりました。
「マンハッタンはニューヨーク」東洋経済新報社刊
  ニューヨークはモノクロームの線で描いても カラーの面で描いても「絵」になるようです。
特に ブロードウエィのミュージカルを観た後などは 無性に描きたくなり ミッドナイトの
灯りに浮かび上がった街並みを デリーで買ったニューヨークタイムズ紙を カンバス代りに 
パステルで描いていると いつの間にか スポットライトを受けた舞台にいるようで 気分も
高揚したものでした。
  以来マンハッタンに行く度に ミュージカルとスケッチのセットで真夜中の路上に座り込む癖は
今も続いております。
 そこで描きためたペン画、パステル画の展示と 英字新聞上の色彩画は 特殊カラープリントで
画面がアート紙になじみ 原画より美しく?版画やエッチング風の加工もできます。
 また それらの絵を素材としたコラージュで ギャラリーを埋め尽くしたアートシーンや 街を
テーマとしたイベントやステージの演出効果にも御利用戴ければ幸いです。
 また 会場で、jazz、トークショーなど 主催者の趣旨に添った愉しい展開もでき 展示会中に 
ゲストや来場者を描写して作品として展示 描かれる人、描くひと、見る人の、ライブセッション
気分の絵を通してのやさしいひとときが共有できればなによりです。

 『都会の溜息』
 ・都市点描<NEW YORK-Manhattan>

 『街・ストップモーション』
 ・東京風景/街をゆく女性の後ろ姿

お申し込みは

 YANKENDOODLE
 ヤンケン本人または管理人